株式会社カネシカ トップページ > 製品情報 > メリケン

メリケンシリーズを使用するまでの準備

<熔接加工をした場合>
· 熔接部に不均一な加熱と冷却が起こり、ひずみ(変形)が発生することがあります。
· 溶接部が熱影響によって変形収縮することで、内部応力(抵抗力)が残留します。そのため強い力が加わると割れる恐れがあります。

壁土の種類と特徴

珪藻土(けいそうど) 約800万年前の植物性プランクトン(珪藻)が化石化したもので、昔から火に強い土として、七輪・コンロ・耐火断熱レンガの原料として使用されてきました。
漆喰(しっくい) 消石灰にスサ(麻の繊維や紙を細かく切ったもの)や糊を混ぜたもので、古くから土蔵等に使われていました。
聚楽(じゅらく) 京都の聚楽第付近で産出した土に、スサ・砂を混ぜたもので、耐火性に優れた伝統的な壁のひとつです。

メリケンシリーズ製品情報

角鏝 剣先鏝 丸先鏝